« 経団連、ミャンマーに大型訪問団=人材育成策を提案へ | トップページ | <太陽光パネル>ヨカソル破産手続きへ 福岡・大牟田 »

英バークレイズ、財務担当取締役と顧問弁護士が退任へ

英バークレイズ、財務担当取締役と顧問弁護士が退任へ

ロイター 2月4日(月)16時39分配信

[ロンドン 3日 ロイター] 英バークレイズ<BARC.L>は、クリス・ルーカス財務担当取締役(52)と、顧問弁護士のマーク・ハーディング氏が退任すると明らかにした。

ルーカス氏は、世界金融危機を含む6年間現職を務めたが、2008年のカタールによる出資に関して、英当局の捜査を受けている。同氏のほか、4人の幹部が捜査対象となっている。

バークレイズの声明によると、両氏とも、後任が見つかり適切な引き継ぎが完了するまで現職にとどまる。

同行はヘッドハンターを指名したとしているが、手続きの完了には「かなりの時間」がかかるだろうとしている。




|

« 経団連、ミャンマーに大型訪問団=人材育成策を提案へ | トップページ | <太陽光パネル>ヨカソル破産手続きへ 福岡・大牟田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/49180355

この記事へのトラックバック一覧です: 英バークレイズ、財務担当取締役と顧問弁護士が退任へ:

« 経団連、ミャンマーに大型訪問団=人材育成策を提案へ | トップページ | <太陽光パネル>ヨカソル破産手続きへ 福岡・大牟田 »