« 大飯原発判断持ち越し 稼働停止なら 関電値上げ幅24.6%に拡大 | トップページ | <東京スター銀行>台湾の大手銀行が買収へ主要株主と交渉 »

台湾の銀行、東京スター銀行買収を打診 数百億円規模

台湾の銀行、東京スター銀行買収を打診 数百億円規模

朝日新聞デジタル 12月30日(日)18時41分配信

 台湾大手の中国信託商業銀行が、中堅地方銀行の東京スター銀行(本店・東京)の買収を、同行の株主に打診していることが、わかった。買収額は数百億円規模とみられる。実現すれば、外国銀行が邦銀を買収する初めての例となる。

 東京スター銀の株主の米投資ファンド・ローンスターや新生銀行などは年明けに対応を協議する。

 中国信託は1966年設立の民間銀行で、合併を繰り返しながら成長してきた。台湾と海外合わせて約210拠点を持ち、東京にも支店がある。総資産は約5.5兆円で、台湾では5番手グループ。今回の買収により、台湾とつながりのある日本企業などに顧客基盤を広げる狙いがあるとみられる。

朝日新聞社




|

« 大飯原発判断持ち越し 稼働停止なら 関電値上げ幅24.6%に拡大 | トップページ | <東京スター銀行>台湾の大手銀行が買収へ主要株主と交渉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/48533873

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の銀行、東京スター銀行買収を打診 数百億円規模:

« 大飯原発判断持ち越し 稼働停止なら 関電値上げ幅24.6%に拡大 | トップページ | <東京スター銀行>台湾の大手銀行が買収へ主要株主と交渉 »