« 無人契約機を共同開発=三井住友銀と連携強化―SMBCコンシューマー | トップページ | ファミマ、薬局一体型拡大 2年後に500店舗 FCで全国展開 »

トヨタ、新退職金制度を検討 「年金空白」に対応

トヨタ、新退職金制度を検討 「年金空白」に対応

朝日新聞デジタル 12月23日(日)23時58分配信

 厚生年金の支給開始年齢が65歳まで段階的に引き上げられることを受け、トヨタ自動車は新しい退職金制度の導入を検討しはじめた。現役時代に一定額を毎月積み立てて定年退職後に追加的に受け取る。退職後、年金が満額支給されるまでの「年金空白期間」に対応し、生活への不安を解消する。

 労使で合意すれば、2013年度中にも導入する。

 現行のトヨタの企業年金と合わせ、公的年金並みの月21万円程度を受け取れる制度を目指す。そのため、新制度では月約7万円を追加で受け取れるようにする必要がある。18歳で入社した従業員の場合、月額約8千円強、42年間で計約420万円を積み立てる。

朝日新聞社




|

« 無人契約機を共同開発=三井住友銀と連携強化―SMBCコンシューマー | トップページ | ファミマ、薬局一体型拡大 2年後に500店舗 FCで全国展開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/48440985

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ、新退職金制度を検討 「年金空白」に対応:

« 無人契約機を共同開発=三井住友銀と連携強化―SMBCコンシューマー | トップページ | ファミマ、薬局一体型拡大 2年後に500店舗 FCで全国展開 »