« 低額ネットサービス開始=スマホに対抗、光回線てこ入れ―NTT東 | トップページ | ワイマックス、TD−LTE採用へ »

「老後の生活資金」が最多=単身世帯の資産保有目的―金融広報委

「老後の生活資金」が最多=単身世帯の資産保有目的―金融広報委

時事通信 10月31日(水)19時0分配信

 金融広報中央委員会(事務局・日銀)は31日、2012年の「家計の金融行動に関する世論調査」を発表した。単身世帯に金融資産の保有目的を尋ねたところ、「老後の生活資金」との回答が47.1%と最も多かった。07年に現行方式で調査を開始して以降、「病気や不時の災害への備え」が最多だったが、将来不安の高まりを反映したとみられる。
 保有金融資産の内訳では、預貯金が単身世帯で50.4%、2人以上世帯も56.9%とそれぞれトップ。低金利にもかかわらず、資産運用の安全志向がうかがえる。平均保有額は、単身世帯が700万円と前年比59万円増、2人以上世帯は1108万円で42万円減となった。
 調査は6月中旬〜7月下旬に実施。2人以上世帯については、全国8000世帯が対象で回答率は49.2%。単身世帯は同2500世帯から回答を得た。 




|

« 低額ネットサービス開始=スマホに対抗、光回線てこ入れ―NTT東 | トップページ | ワイマックス、TD−LTE採用へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/47667820

この記事へのトラックバック一覧です: 「老後の生活資金」が最多=単身世帯の資産保有目的―金融広報委:

« 低額ネットサービス開始=スマホに対抗、光回線てこ入れ―NTT東 | トップページ | ワイマックス、TD−LTE採用へ »