« 米雇用統計、2カ月ぶり高い伸び オバマ氏再選に追い風 | トップページ | 福島に「復興本社」設立=来年1月に4000人規模―東電 »

欧州株続伸、米大統領選結果判明まで相場こう着との見方

欧州株続伸、米大統領選結果判明まで相場こう着との見方

ロイター 11月3日(土)4時40分配信

[ロンドン 2日 ロイター] 2日の欧州株式市場は、予想を上回る10月米雇用統計を受けて続伸した。ただ、6日の米大統領選の結果が判明するまで、目先は小動きになるとの見方も出ている。

FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は5.20ポイント(0.47%)高の1115.19。

DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は13.28ポイント(0.52%)高の2547.15。

景気サイクルに大きく影響を受けることから、循環銘柄と位置づけられている鉱山株<.SXPP>が0.8%高、自動車株<.SXAP>は1.2%上昇した。好調な米中経済指標が追い風となった。

10月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月に比べて17万1000人増加し、予想を上回った。8月と9月の雇用者数は合計8万4000人上方修正された。

一方で通信株<.SXKP>は0.4%下落した。ドイツテレコム<DTEGn.DE>が2013年から、配当を最大で3分の1削減することを検討中との一部報道で売られた。

米仏系通信機器大手アルカテル・ルーセント<ALUA.PA>は5.5%値を下げた。同社の第3・四半期決算は2四半期連続で営業損失を計上した。




|

« 米雇用統計、2カ月ぶり高い伸び オバマ氏再選に追い風 | トップページ | 福島に「復興本社」設立=来年1月に4000人規模―東電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/47701119

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州株続伸、米大統領選結果判明まで相場こう着との見方:

« 米雇用統計、2カ月ぶり高い伸び オバマ氏再選に追い風 | トップページ | 福島に「復興本社」設立=来年1月に4000人規模―東電 »