« 欧州委、銀行の支援・清算手掛ける機関を13年に提案へ | トップページ | 関電、今期の年間配当見送りへ »

<豊田自動織機>米企業買収へ 産業車両機器事業を強化

<豊田自動織機>米企業買収へ 産業車両機器事業を強化

毎日新聞 10月22日(月)23時58分配信

 豊田自動織機は22日、フォークリフトの「アタッチメント」と呼ばれる荷役装着機器を製造・販売するカスケード社(本社・米オレゴン州)を買収することで同社と合意したと発表した。同社の世界シェアは44%(11年度)でトップという。完全子会社化により、豊田自動織機は自社の売り上げの4割を占める産業車両機器事業を強化する。
 株式の公開買い付け(TOB)により全株式を取得する。買い付け価格は1株当たり65ドルを予定。12月上旬には買い付けを終え、総額は7億5900万ドル(約600億円)程度となる見通しという。

 豊田自動織機によると、カスケード社の11年度の売上高は約423億円。荷物を傷つけずに両側から挟む装置など年間約16万セットのフォークリフト用アタッチメントを生産している。中国で47%、中国以外のアジア地域でも48%と新興国で高いシェアがあり、今後成長が予想される新興国での販売拡大が期待される。カスケード社のブランドは維持する予定。【米川直己】




|

« 欧州委、銀行の支援・清算手掛ける機関を13年に提案へ | トップページ | 関電、今期の年間配当見送りへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/47553778

この記事へのトラックバック一覧です: <豊田自動織機>米企業買収へ 産業車両機器事業を強化:

« 欧州委、銀行の支援・清算手掛ける機関を13年に提案へ | トップページ | 関電、今期の年間配当見送りへ »