« 新規業務、本格審議へ=年内にも結論―郵政民営化委 | トップページ | <節電目標>今冬の北海道電力管内 7%以上で検討…政府 »

<日銀>追加金融緩和へ 2カ月連続…政策決定会合

<日銀>追加金融緩和へ 2カ月連続…政策決定会合

毎日新聞 10月30日(火)11時35分配信

 日銀は30日、金融政策決定会合を開いた。世界経済の減速や日中関係の悪化で国内景気が下振れし、デフレ脱却の展望も不透明になっていることから、国債など資産を買い入れる基金を10兆円以上増額する案を軸に議論し、9月に続き追加の金融緩和を決める見通しだ。2カ月連続の緩和は、政府が公的資金投入で実質国有化した、りそなホールディングスの経営危機問題が深刻化した03年4〜5月以来、9年半ぶり。08年の白川方明(まさあき)総裁就任後は初めて。白川総裁は同日午後に記者会見し、追加緩和などについて説明する。
 今回の追加緩和では資産買い入れ基金を増額し、長期国債の購入上積みに加え、株価下支えなどを狙いに上場投資信託(ETF)の購入枠拡大を決める可能性がある。政策金利(無担保コール翌日物)は「0〜0.1%程度」とする実質ゼロ金利を継続する見通しだ。

 30日の会合では、当面の景気・物価見通しを示す「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)をまとめ、初めて14年度の消費者物価上昇率(生鮮食品を除く)を公表する。日銀は2月にデフレ脱却に向けて「消費者物価上昇率・年1%」を目指す事実上のインフレ目標を導入。従来は14年度に1%を達成することを想定していた。しかし、欧州債務危機や中国の減速などを主因に国内景気の回復が遅れ、今回の展望リポートで示す14年度の消費者物価上昇率見通しは0%台後半にとどまり、目標の1%に届かない見込み。デフレ脱却時期が遠のく内容で、日銀は2カ月連続の追加緩和でデフレの早期克服への決意を示す方針だ。

 30日の会合には、前原誠司経済財政担当相が前回(5日)の会合に続き、政府側代表として出席。前原氏は会合に先立つ閣議後の記者会見で「強力な金融緩和を求めることを前提に意見を述べたい」と強調した。【三沢耕平】




|

« 新規業務、本格審議へ=年内にも結論―郵政民営化委 | トップページ | <節電目標>今冬の北海道電力管内 7%以上で検討…政府 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/47646590

この記事へのトラックバック一覧です: <日銀>追加金融緩和へ 2カ月連続…政策決定会合:

« 新規業務、本格審議へ=年内にも結論―郵政民営化委 | トップページ | <節電目標>今冬の北海道電力管内 7%以上で検討…政府 »