« NYダウ急落、243ドル安 米企業業績への懸念高まる | トップページ | ギリシャ当局、アテネ証取での空売り禁止措置を延長へ=関係筋 »

来夏の電力5・4%余力…原発再稼働ない場合

来夏の電力5・4%余力…原発再稼働ない場合

読売新聞 10月24日(水)13時32分配信

 政府は24日、電力の「需給検証委員会」(委員長・白真勲(はくしんくん)内閣府副大臣)を開き、来夏の電力需給について、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県)以外の原発再稼働がなければ、沖縄県を除く全国で最大電力需要に対する供給余力(供給力が需要を上回る比率)は5・4%になるとの見通しを報告した。

 企業や家庭の節電の定着や火力発電所の供給力の強化で、電力需給は改善傾向にあることが示された。

 今冬(1〜2月)の余力も最低限必要とされる3%以上を確保できるとした。このうち北海道電力は、今冬は供給余力を5・8%確保したが、他電力からの融通に限界があるため、火力発電所のトラブルが相次げば需給が逼迫(ひっぱく)する懸念もある。このため、政府は北海道に関しては今冬に5〜10%程度の節電目標の設定を検討している。




|

« NYダウ急落、243ドル安 米企業業績への懸念高まる | トップページ | ギリシャ当局、アテネ証取での空売り禁止措置を延長へ=関係筋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/47570767

この記事へのトラックバック一覧です: 来夏の電力5・4%余力…原発再稼働ない場合:

« NYダウ急落、243ドル安 米企業業績への懸念高まる | トップページ | ギリシャ当局、アテネ証取での空売り禁止措置を延長へ=関係筋 »