« ギリシャ当局、アテネ証取での空売り禁止措置を延長へ=関係筋 | トップページ | 米ボーイング、今年は787型旅客機を28機納入=CEO »

新人事制度、実力主義を徹底へ=来春導入、労組に提案―東電

新人事制度、実力主義を徹底へ=来春導入、労組に提案―東電

時事通信 10月24日(水)23時45分配信

 東京電力が年俸制の導入など実力主義の徹底を柱とする新たな人事制度を労働組合に提案したことが24日、明らかになった。2013年4月に導入する方針。社員の意欲を高めるのが狙いで、優れた社員を早期に昇進させるほか、個人の実績により給与や等級に差をつける制度に改めることが主な内容だ。
 労組に提案した新人事制度は、一般社員の等級を従来の5段階から4段階に変更。年齢ではなく実績や能力に応じて昇格させる。管理職になる年齢は従来は早くても40歳前後だったが、新制度の下では30代半ばでの昇格も可能になる。
 給与面では今年12月に年俸制をスタートさせ、賞与を廃止。中高年層の平均年収を抑える一方、若手社員では引き上げて、若手を中心に増加している退職者の抑制を図る。等級や査定内容により、社員の年収の格差は40歳時点で従来の倍となる350万円程度に拡大する。
 東電は今春に策定した総合特別事業計画で、一般社員の給与を福島第1原発事故前より2割削減した水準に据え置く方針を明記している。現在、東電は経営改革に取り組んでいるが、待遇が悪化する状況で社員の労働意欲を維持するには「改革を積極的に進める社員を処遇することが大事だ」(内藤義博副社長)と判断し、人事制度の刷新を図ることにした。 




|

« ギリシャ当局、アテネ証取での空売り禁止措置を延長へ=関係筋 | トップページ | 米ボーイング、今年は787型旅客機を28機納入=CEO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/47578067

この記事へのトラックバック一覧です: 新人事制度、実力主義を徹底へ=来春導入、労組に提案―東電:

« ギリシャ当局、アテネ証取での空売り禁止措置を延長へ=関係筋 | トップページ | 米ボーイング、今年は787型旅客機を28機納入=CEO »