« ユンケル・ユーログループ議長、現職にとどまる公算大=関係筋 | トップページ | JCO、廃棄物の焼却再開へ »

西武沼津店とそごう呉店、来年閉鎖へ

西武沼津店とそごう呉店、来年閉鎖へ

読売新聞 6月27日(水)10時49分配信

 流通大手セブン&アイ・ホールディングスは27日、百貨店の西武沼津店(静岡県沼津市)とそごう呉店(広島県呉市)を2013年初めに閉鎖する方針を明らかにした。

 同日午後に発表する。周辺のショッピングセンターなどとの競争激化で赤字傾向が続き、業績の回復が難しいと判断した。

 両店は、セブン&アイ傘下のそごう・西武が運営。百貨店の閉鎖は、今年1月末にそごう八王子店(東京都八王子市)を閉店して以来となる。今後は西武池袋本店など大都市部の基幹店などに経営資源を集中する。

 西武沼津店は1957年開業で12年2月期売上高は74億円。そごう呉店は90年開業で同89億円。いずれもピーク時の売上高は200億円を超えていた。




|

« ユンケル・ユーログループ議長、現職にとどまる公算大=関係筋 | トップページ | JCO、廃棄物の焼却再開へ »

コメント

呉そごうと沼津西武の閉店が決まったことは残念です。呉そごうは1990年3月18日に開業して以来23年間愛されている店舗です。呉そごうのエレベーターのドアはダリアではなくカモメの金のドアです。出入り口のドアはダリアではなくそごうの文字とマークしかありません。呉そごう以外のエレベーターでカモメのドアは横浜そごうです。呉そごうはからくり時計があるそごうで2008年4月16日以降は普通の時計として動いています。2000年までに閉店したそごうのからくり時計は茂原そごう以外撤去され茂原そごうのからくり時計は閉店後も残っていますが故障で動いてなくて2008年に時計の針が撤去されました。呉そごう閉店後も時計は残してほしいです。呉そごうのエレベーターは三菱製で呉駅側も国道側もピヨピヨ鳴ります。呉そごうのエスカレーターは東芝製です。呉そごうの跡地は呉コレットかアルカキット呉ができてほしいです。コレットは小倉そごうの跡地で小倉そごうは呉そごうが開業して約4年後の1993年に開業しましたが2000年に閉店となり小倉そごうはわずか7年の歴史に幕を下ろしました。現在のコレットが開業したのは2008年4月1日です。コレットのエレベーターは三菱製で小倉駅側と門司側の2箇所ありますがピヨピヨ鳴らなくなりました。かつて門司側はピヨピヨ鳴っていました。コレットのエスカレーターは10階以下が東芝製で10階以上は三菱製です。アルカキットは東京の錦糸町にアルカキット錦糸町としてありアルカキット錦糸町は錦糸町そごうの跡地です。錦糸町そごうは呉そごうが開業して約8年後の1997年に開業しましたが2000年に閉店となり錦糸町そごうはわずか3年の歴史に幕を下ろしました。その後2002年3月29日に現在のアルカキット錦糸町が開業しました。アルカキット錦糸町のエレベーターは東側が三菱製で西側は日立製ですがピヨピヨ鳴りません。アルカキット錦糸町の西側エレベーターは錦糸町そごう時代従業員専用だったと思います。呉市のデパートは呉そごうの他にクレアルがあります。クレアルは大呉百貨店の名称としてのデパートですがお客様用のエレベーターはなく従業員専用のエレベーターとなっています。呉そごう閉店で呉市にあるお客様用エレベーターがあるデパートは消滅となるので残念です。沼津西武は1957年6月に開業して以来55年間愛されている店舗です。沼津西武閉店で沼津駅前のデパートは消滅になるので残念です。沼津西武本館の跡地は沼津ロフト、新館の跡地は沼津パルコができてほしいです。ロフトは広島ロフト、渋谷ロフトなどがあります。パルコは静岡パルコ、広島パルコ、池袋パルコなどがあり静岡パルコは静岡西武の跡地です。

投稿: ミッキー | 2012年6月29日 (金) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/45934510

この記事へのトラックバック一覧です: 西武沼津店とそごう呉店、来年閉鎖へ:

« ユンケル・ユーログループ議長、現職にとどまる公算大=関係筋 | トップページ | JCO、廃棄物の焼却再開へ »