« 米財政赤字、5年ぶりに1兆ドル割れへ | トップページ | 明治安田生命、銀行窓口での保険販売を制限へ »

外食自粛が追い風に?…サントリー過去最高益

 ビール大手4社の2011年12月期連結決算が、出そろった。

 東日本大震災後の宴会自粛ムードの影響などで、ビールの比重が高いキリンホールディングスが苦戦する一方、家庭向けの「第3のビール」や飲料水などを得意とするサントリーホールディングスは、売上高と税引き後利益で過去最高を更新した。

 売上高は、サントリーとサッポロホールディングスの2社が増収、キリンとアサヒグループホールディングスの2社が減収となった。震災後の自粛ムードが長引き、「国内の年間のビール総需要を2〜3%押し下げた」(キリンの三宅占二(せんじ)社長)ことから、飲食店での需要が多いビールの上位2社が売り上げを減らした。

 一方、サントリーは「金麦」などの「第3のビール」や「ストロングゼロ」などの缶チューハイ類が伸び、ビール・洋酒類が前期比2・4%増となった。外食の自粛で自宅で飲む人が増えたことが要因だという。震災の影響で「サントリー天然水」も大きく伸びた。




|

« 米財政赤字、5年ぶりに1兆ドル割れへ | トップページ | 明治安田生命、銀行窓口での保険販売を制限へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/44090348

この記事へのトラックバック一覧です: 外食自粛が追い風に?…サントリー過去最高益:

« 米財政赤字、5年ぶりに1兆ドル割れへ | トップページ | 明治安田生命、銀行窓口での保険販売を制限へ »