« 三洋電機の白物家電事業、ハイアールに売却へ | トップページ | イケア・ジャパン、平成32年までに国内13店舗へ »

三洋電機の白物家電売却=中国ハイアールに―パナソニック

 パナソニックは28日、完全子会社の三洋電機の冷蔵庫と洗濯機事業を、今年度中にも中国家電大手の海爾集団(ハイアール)に売却する方針を固めた。白物家電の代表的な事業の売却により、パナソニックは課題となっていた両社の重複事業を解消する。中国企業による日本企業の合併・買収(M&A)も一段と加速しそうだ。
 売却するのは、三洋電機の子会社、三洋アクア(本社大阪府守口市)や、三洋電機とハイアールの合弁会社ハイアール三洋エレクトリック(同東京都港区)など、日本や東南アジアで冷蔵庫や洗濯機事業を手掛ける10社程度。売却金額は100億円程度で、ハイアールに一定期間、日本と東南アジアで「SANYO」ブランドの使用も認める。計約2000人に上る従業員の大半はハイアールに雇用される見通し。 




|

« 三洋電機の白物家電事業、ハイアールに売却へ | トップページ | イケア・ジャパン、平成32年までに国内13店舗へ »

コメント

大分長い間、ハイアールは三洋と組んで日本市場を狙っていた。白物家電とは云え、日本の消費者のレベルは高く、三洋は苦情処理が大変だったようだ。この時から三洋の衰退は見えていた。

ハイアールも三洋の技術を安く買えるので儲る事だろう。しかし、後10年もすれば、南アジアでもそこそこの白物家電が生産されるのではないだろうか。その時、旧三洋の社員はお払い箱か?
大変な時代に成ったものだ。

投稿: | 2011年7月30日 (土) 05時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511302/40993801

この記事へのトラックバック一覧です: 三洋電機の白物家電売却=中国ハイアールに―パナソニック:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/07/29 08:53) [ケノーベル エージェント]
守口市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年7月29日 (金) 08時53分

« 三洋電機の白物家電事業、ハイアールに売却へ | トップページ | イケア・ジャパン、平成32年までに国内13店舗へ »